トイレ タンク 汚れ。 トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレのタンク上の手洗い・水受けの掃除方法|おうちにプロ

トイレ タンク 汚れ

トイレの掃除はマメにしているのに、黒ずみが出てしまう、と悩んでいる人はいませんか? 汚れの元はどこでしょう? その原因は、トイレのタンクにあるのかもしれません。 トイレのタンクは、掃除どころか 開けたことすらないという人もいるでしょう。 実は、トイレのタンク内部は黒カビで相当汚れているのです。 その汚れた水が便器に流れ込み、黒ずみの原因になっているかもしれません。 この記事では、トイレタンクの汚れやカビの取り方について詳しく説明します。 この記事を読みおわったら、すぐにでもトイレタンクを掃除したくなるでしょう。 タンクの汚れやカビを取り除いて、きれいな水でトイレを流せば、気持ちよくトイレを使うことができます。 ぜひ参考にしてください。 1.トイレタンクの汚れについて トイレタンクの中はなぜ汚れるのか、タンクの構造と汚れの原因について解説します。 1-1.トイレタンクとは 水洗トイレは、便器に水を流すためにタンクに水をためています。 タンクのレバーを引くことで、たまった水が便器に流れ出し、汚物を流してくれるのです。 最近はタンクレスタイプもありますが、まだほとんどの家庭では、タンクがあるタイプが主流でしょう。 トイレタンクは上部に手洗いがついたタイプと、手洗いがないタイプがあります。 素材は便器と同様に陶器でできており、タンクの中には、水を流すためのいろいろな部品が入っているのです。 1-2.汚れの原因、成分について トイレタンクの主な汚れは黒カビです。 空気中のカビの胞子や、手洗いのときに手から汚れが流れ込むことで、これが黒カビのエサとなり、カビが繁殖します。 ヌルヌルした水アカもたまるでしょう。 1-3.カビ汚れを放置するとどうなるか カビや汚れを放置すると、ますますカビがはびこって、悪臭を放つようになります。 便器にも黒カビが流れ出すので、便器をいくら掃除しても、黒ずむようになるのです。 長年放置していると、ヘドロのような臭いを発生することもあります。 トイレは家族が毎日使う場所だけに、カビが大量発生していたのでは健康への影響も心配です。 関連記事 2.トイレタンクの掃除について 汚れの原因が分かったところで、トイレタンクの掃除について説明します。 2-1.掃除の必要性、メリット トイレの掃除を定期的にしている人でも、トイレタンクは掃除していないことが多いのではないでしょうか? 今まで一度もトイレタンクを掃除したことも、ふたを開けたこともないという人もいるかもしれません。 一方、タンクの洗浄は、手洗い部分に芳香洗浄剤を設置しているから大丈夫、と思っている人もいるでしょう。 しかし、それではタンクの中は洗浄できていないのです。 むしろ、タンクの底に洗浄剤の色素が残ってしまい、タンク内を汚してしまうこともあります。 いくら便器をきれいに掃除しても、流れてくる水が汚ければ掃除の効果は半減です。 しかし、トイレタンクを掃除することで、便器の黒ずみや臭いも解消することでしょう。 2-2.掃除の頻度について トイレタンクの掃除は、3か月に1回程度するのが理想でしょう。 これは、3か月以上たつと、黒カビが発生するからです。 カビが生える前にマメに掃除をしていれば、掃除時間も短縮でき、それほど大変ではありません。 3.トイレタンクの清掃方法 トイレタンクは自分で掃除することができます。 ここではその方法を詳しく説明しましょう。 3-1.用意する道具、おすすめの洗剤 以下の道具と洗剤を用意しておきましょう。 中性の洗剤• マイナスドライバー• スポンジ• 長い柄のブラシ• 歯ブラシ• ゴム手袋• 新聞紙• バケツ このほかにも、汚れの状態に合わせて、クエン酸やクリームクレンザーを用意するといいでしょう。 3-2.ふたを取り外す前の準備 ふたを取り外す前に、必ず止水栓を閉めましょう。 水を止めておかないと、洗浄レバーを引いたときに、給水ホースから水が噴水のように吹き出してしまいます。 止水栓は、タンクから出ている給水管をたどっていくと見つけることができるでしょう。 マイナスドライバーを時計回りに回して栓を閉めてください。 このとき、どの程度栓が開いていたか角度を覚えておくと、元に戻すときに迷うことがありません。 3-3.ふたの取り外し方 手洗いがないタイプは、そのまままっすぐ上に持ち上げれば取り外すことができます。 ふたは陶器製で重たいので、落とさないように気をつけてください。 取り外したら、新聞紙の上に置いておきましょう。 手洗いがついているタイプには2種類あります。 ふたを少し持ち上げてみて、樹脂の内ぶたがついているタイプは、そのまま持ち上げるだけで取り外せるでしょう。 もう1種類は、ふたとタンクが給水ホースでつながっているタイプです。 これは、ふたを少し持ち上げて、ふたとつながっている給水ホースのナットを反時計回りに回すと、ホースが外れます。 こちらも、ふたは陶器製で重たいため、この作業は二人で行うといいでしょう。 外したふたは新聞紙の上に置いておきます。 3-4.清掃箇所 掃除をする箇所は、ふたの裏と、タンクの内側や内部の部品です。 長年掃除をしないで放置していると、ふたの裏や内部の部品にもカビが真っ黒に生えていることがあります。 3-5.ふたを掃除する ふたの裏がカビで真っ黒な場合は、お風呂場などで洗い流してしまいましょう。 手洗いの水受け部分に、水アカがたまっている場合は、クエン酸を使うときれいになります。 3-6.タンク内を掃除する タンクに水がある状態で水面より上の壁面についた汚れに洗剤をかけます。 浮き球や給水ホースにもカビがついているので、丁寧にスポンジでこすってください。 細かいところは歯ブラシを使うといいでしょう。 頑固な汚れは重曹を使うとよく落ちます。 次にタンクのレバーを引き、水を流してください。 底が見えたら洗剤をかけ、柄の長いブラシでこすります。 きれいになったらバケツの水をタンクにそそぎ、レバーを引いて流しましょう。 洗剤成分が残らないように、何度かすすいでください。 最後にふたをして止水栓を開け、水が流れたら完了です。 手洗いつきのふたの場合、ナットを時計回りに回して、給水ホースと接続します。 3-7.してはいけないこと 酸性・アルカリ性の洗剤は使ってはいけません。 タンクの中にはゴムや樹脂、金属製の部品があります。 酸性やアルカリ性が強い洗剤は、これらの部品を傷めてしまう可能性があるため、使用は控えてください。 重曹は弱アルカリ性なので、使用後によくすすげば問題ないでしょう。 3-8.予防について 掃除が終わったら、きれいな状態をキープするために、カビや汚れの予防をしましょう。 方法は簡単で、重曹をカップに1杯タンクに入れるだけです。 6時間程度放置して汚れを浮かせたあと、レバーを引いて水を流します。 月に1回程度こうしておくと、カビの発生を防ぐことができるのです。 夜寝る前に重曹を入れて、朝流すとちょうどいいでしょう。 3-9.注意点 タンクの中には細かな部品がたくさんあります。 無理な力をかけないよう、気をつけて作業しましょう。 掃除のあとは、洗剤成分をよく流しておくことが大切です。 関連記事 4.トイレタンクの汚れに関するよくある質問 Q.トイレタンクのカビ取りに漂白剤は使ってはいけないのですか? A.漂白剤はアルカリ性なので、使用することはできません。 中性の洗剤を使ってください。 Q.タンクのないトイレの場合、どうしたらいいですか? A.タンクレストイレは、水道から直接給水しています。 タンクがないため、洗浄は必要ありません。 ごく小さなタンクが内蔵されているタイプもありますが、これは自分では掃除できない構造になっているため、メーカーに問い合わせてください。 Q.紙やすりでこすると汚れがよく落ちると聞いたのですが。 A.紙やすりや研磨剤入りのたわし・金属たわしなどでこすると、樹脂や陶器は傷がついてしまいます。 一時的に汚れが取れても、傷の部分にまた汚れがたまるので、使わない方がいいでしょう。 Q.手洗いの蛇口に緑の汚れがこびりついています。 きれいに取る方法を教えてください。 A.金属部分の緑色の汚れは緑青(ろくしょう)というサビです。 これは、クリームクレンザーで磨くとピカピカになります。 Q.芳香洗浄剤は、透明なものなら使ってもいいですか? A.色の有無にかかわらず、トイレメーカーでは推奨していません。 これは便器自体に備わっている防汚効果を妨げる可能性があるからです。

次の

トイレタンク上の汚れを隠すDIYに初心者が挑戦!100均だけで簡単に

トイレ タンク 汚れ

Contents• 便器の黒いスジが出た時が掃除時! トイレのタンク掃除の時期についてです。 便器は毎日掃除をしていても、タンクの蓋を開けてまで掃除はしませんからね。 タンク掃除の目安は、便器に黒い筋が出来始めた時が掃除時です。 理由は、タンクに黒カビが出来ている可能性が高いです。 出典: タンクに増殖している黒カビで便器に黒いスジが出来るので、便器掃除を丁寧にやっても、タンク内が黒カビの増殖地帯のままでは便器掃除の意味がないわけです。 タンク掃除は重曹1つで完了! タンク掃除って細かい部品も付いていたりするので一つ一つ拭いていくのは結構時間が掛かって大変なものです。 この後がポイント! 重曹を入れたら、 半日程度(5時間以上)トイレを使わないようにしてください。 その間、重曹がタンク内の汚れを浮かしてくれます。 水をくれぐれも流さないでくださいね。 ですから、昼間家族が出て行っている間に実行するのが理想です。 (タイトルの1分は待ち時間を含めていません。 ) 時間が経ったら、あとは水を排水すれば汚れと一緒に重曹も流れていきますからこれでタンク掃除終わりです。 とっても簡単でしょう?さらに、重曹は消臭効果もありますから、汚れと共に嫌な匂いも追い出してくれますから一石二鳥です。 タンク内の汚れが重曹でも取れていない時は、サンドペーパーを使いましょう。 私は1000番を勧められました。 タンクや便器は陶器でできています。 汚れが目立つ部分にはサンドペーパーで擦るとよく取れます。 この場合、耐水性の物を購入してくださいね。 プラスチック部分などの汚れは古い歯ブラシと中性洗剤でゴシゴシ磨くと取れます。 重曹がある程度汚れを浮かしてくれているので、簡単に落ちる場合が多いです。 綺麗になったら蓋を閉めてタンク掃除完了です。 折角綺麗にしたのですから、それを維持していくべきです。 ですから、 時々重曹をタンクに大さじ1程度入れるようにしてください。 タンク内の汚れ防止と消臭になります。 トイレタンクに蓋がない場合は、業者に連絡をしよう! 少し古い水洗トイレであれば、タンクの蓋を開けて掃除をすることが出来ます。 しかし、最近のトイレタンクというのは、蓋がない場合もありますよね。 もし、あなたのご自宅のトイレが便器とタンクの一体型になっている場合は蓋が存在しません。 便器に黒いスジが現れ始めたら、トイレ専門の業者に点検も兼ねて掃除を頼むといいでしょう。

次の

トイレタンクの掃除!中のカビや黒ずみ、水垢の汚れを簡単に落とす方法

トイレ タンク 汚れ

トイレタンクの簡単な掃除方法はコレ トイレの掃除をする時に、便器などは綺麗に掃除するけど、トイレタンクの中までは掃除しないっていう人が多いですよね。 トイレタンクは、蓋がしてあるからあまり汚れないだろうと思ってしまいます。 しかし、トイレタンクの中っていうのは、常に水が溜まっていて水垢やヌメリや黒カビなどが発生しやすくて、とても汚れやすい場所です。 トイレタンクの止水栓を閉める トイレタンクを掃除するときは、まず最初にトイレタンクの横にある止水栓を閉めてください。 止水栓を閉めないと、トイレタンクの水を流した時に水が流れてきてしまい床が水浸しになってしまいます。 なので、必ず一番最初にトイレタンクの止水栓をマイナスドライバーで閉めてください。 そして、止水栓を閉める時に注意してほしいことがあって、それは どれくらいの緩みだったかを覚えておいてください。 トイレタンクの掃除が終わった後に、また止水栓を開いていきます。 なので、マイナスドライバーで閉める為に何回回したかを覚えておいて、それと同じ回数をまた回して止水栓を開いてください。 トイレタンクの蓋の外し方 トイレタンクの蓋の外し方は、そのまま普通に蓋を持ち上げれば外せるタイプのやつは問題ないのですが 給水ホースがくっついているタイプの蓋もあります。 給水ホースがくっついているタイプの蓋を外す時は、二人がかりで一人が蓋を持ち上げて もう一人がくっついている給水ホースを外すようにしてください。 トイレタンクの蓋は意外と重いので落とさないように注意して外すようにしてください。 トイレタンクの蓋を外した後は、トイレタンクの蓋とタンク内を順番に綺麗に洗っていきます。 トイレタンクの蓋の綺麗な洗い方のコツ トイレタンクの蓋の綺麗な洗い方のコツは ・ 中性洗剤 トイレマジックリン ・ 重曹 ・ スポンジ を使って洗っていきます。 まずは、ゴム手袋をつけてトイレタンクの蓋を風呂場などに持っていって、ぬるま湯で綺麗に洗い流します。 それから、スポンジに中性洗剤 トイレマジックリン をつけて蓋を綺麗に洗っていきぬるま湯で洗い流します。 そして、今度は重曹をスポンジにつけてまた蓋を擦っていきます。 重曹には研磨剤が含まれているので、重曹をつけて擦ることによって蓋に付着している水垢や黒カビなどを綺麗に落としていくことができます。 綺麗に汚れを落とした後は、またぬるま湯で綺麗に洗い流してください。 これが、トイレタンクの蓋を綺麗に洗う洗い方のコツです。 スポンサーリンク トイレタンクの中の綺麗な洗い方のコツ トイレタンクの蓋を綺麗に洗った後は、トイレタンク内を綺麗に洗っていきます。 トイレタンクの中の綺麗な洗い方のコツは ・ 中性洗剤 トイレマジックリン ・ 重曹 ・ スポンジ ・ 歯ブラシ を使って洗っていきます。 まずは、タンク内に溜まっている水を抜いていくので、洗浄レバーを押して水を流してください。 それから、ゴム手袋をはめて中性洗剤 トイレマジックリン をスポンジにつけてタンク内を洗っていきます。 スポンジでは洗えない狭い場所は、歯ブラシを使って汚れを落としていきます。 中性洗剤 トイレマジックリン で洗い終った後は、バケツなどに水を入れていったんタンク内を洗い流してください。 それから、今度は水垢や黒カビを落としていくのに重曹を使って擦っていきます。 重曹でも落ちない頑固な水垢や黒カビは、耐水性のある洗いサンドペーパーを水で濡らして軽く擦るとうまく落としていくことができます。 そして、綺麗に洗い終った後は、またバケツに水を入れて綺麗に洗い流してください。 これがトイレタンクの中の綺麗な洗い方のコツです。 水垢や黒カビを落とす時の注意点 トイレタンクの中は、水垢や黒カビがとても多く発生していたりこびりついていてなかなかうまく落とせない時があります。 そんな頑固な水垢や黒カビを落とすのにカビキラーなどの塩素系漂白剤を使う人もいます。 しかし、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使ってしまうと、トイレタンク内の ゴムのパッキンなどを傷めてしまうことがあります。 なので、カビキラーなどの塩素系漂白剤はトイレタンクでは使わないようにしてください。 先ほども書いたように頑固な水垢や黒カビを落とす時は、耐水性のあるサンドペーパーなどで優しく擦って落としてください。 トイレタンクを汚さない予防対策はコレ トイレタンクの簡単な掃除方法については、わかってもらえたと思います。 トイレタンクの掃除は、月に1回くらいの頻度で掃除していくようにしてください。 そして、できるだけトイレタンクの中を汚さないようにする為の簡単な予防対策としては ・ 夜にタンク内に重曹を入れる ・ トイレタンク専用の洗浄剤を使う などです。 夜にタンク内に重曹を入れる 夜にタンク内に重曹を入れるっていうのは、週に1回くらい重曹を入れてつけ置きしておくっていうことです。 重曹をトイレタンクの中に入れてつけ置きしておくことで、消臭効果がありますし 黒カビなどが発生してしまうのを防いでいくことがあります。 ただ、約6時間ほどつけ置きしておいてほしいので、夜に重曹を入れておくようにしてください。 トイレタンク専用の洗浄剤を使う トイレタンク専用の洗浄剤を使うっていうのは、これも黒カビなどの発生を防いでいってくれます。 重曹と違って、トイレタンク専用の洗浄剤は2時間ほどのつけ置きで効果を発揮してくれるのでおすすめです。 トイレタンク専用の洗浄剤を入れて、約2時間ほど過ぎたら普通にトイレの水を流すだけです。 トイレが臭くなってしまう原因と臭いを綺麗に取っていく掃除の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。 トイレタンクを掃除する時は、必ずトイレタンク内に水を入れる止水栓を閉めてから蓋を外して掃除をしていってください。 そして、最初に中性洗剤 トイレマジックリン を使って洗っていき それから水垢や黒カビなどを綺麗に落としていくのに重曹を使って洗っていきます。 後は、トイレタンクの掃除が終わった後は、また止水栓を元の状態に戻していくのを忘れないようにしてください。 そして、トイレタンクの中を汚さないように月1回の頻度で掃除をしていき 週に1回は、重曹やトイレタンク専用の洗浄剤をタンク内に入れてつけ置きしてよ汚れが酷くならないようにしっかりと予防対策をとっていってください。 トイレによく出る小さい虫の正体やトイレに虫が発生しないようにする為の対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

次の