競馬 新聞 エイト。 競馬新聞の見方|東スポ・優馬・エイト・ブック

イー新聞競馬 | 競馬専門紙・競馬予想紙・競馬新聞 電子出版のポータルサイト

競馬 新聞 エイト

概要 毎週開催日(原則として土・日曜日)の前日夕刻より全国主要駅売店・、・の新聞売店にて販売されている。 産経新聞社から発行されているため、からの宅配も行っている一方で、「サンスポ特別版」として発行されている関係で、日本競馬新聞協会、関西中央競馬専門紙協会などに加盟できないため、場立ちの競馬新聞売場では他の競馬新聞と一緒に売ることは出来ず、競馬エイト専用の競馬新聞売場で売らなければならない(日本競馬新聞協会に加盟している売場は、馬が描かれている黄色のがある)など、様々な制約がある。 かつては()発行の『』も同様だったが、(平成25年)にが休刊した際、競馬新聞協会加盟紙と同等の扱いを受けることになった。 トラックマン テレビ出演に関しては、かつてはで直に馬を見ている時計班所属者が主流であったが、現在は想定班所属者が主となってきている。 - 時計班所属。 『』に出演。 - 時計班チーフ。 日曜競馬ニッポン、『』に出演。 - 想定班所属。 フジテレビ『』に 「覆面トラックマン」の芸名で出演した後、『』スタートと同時にレギュラー解説者就任。 ・『』MC、パドック解説 も兼任。 - 関東主場キャプテントラックマン兼想定班チーフ。 - 椋木宏の息子。 『』に出演(翔太郎名義)。 - 時計班所属、元東日本主場本紙予想。 ただし現在はどちらも降板し、テレビ・ラジオのレギュラー出演はない。 - 関西主場本紙予想を担当。 - (平成20年)(関西版)より移籍。 かつての所属• (関東) - より移籍。 定年退職後も日曜競馬ニッポン返し馬解説を務めたが2018年12月23日放送限りで勇退。 (関西) - 創刊と同時に入社。 DREAM競馬、カンテレ『』などを歴任。 2011年12月限りで定年退職。 (関西) - DREAM競馬、ラジオ大阪『』を歴任。 2017年3月31日限りで退社しフリーの評論家となる。 (関東) - を経て、Gallopに異動。 (関西) - 元西日本主場本紙予想担当。 2004年に退職しフリーの評論家となる。 (関東) - 椋木の前のキャプテントラックマン。 『スーパー競馬』、『日曜競馬ニッポン』メイン解説を歴任。 2019年8月に定年退職したが引き続き日曜競馬ニッポンに出演。 ゲスト予想者• - 創刊と同時に「巨泉でバッチリ」を連載開始。 『日曜競馬ニッポン』スタート後は同番組とも連携した。 (昭和63年)、との論戦をきっかけに予想活動を引退。 () - 「木梨ノリゾーのわたしだけのヨソウですので」というタイトルで、GIシーズンを中心に期間限定で登場。 しかし全く根拠のない出鱈目も多く、笑いに向いていた予想だった。 放送系メディアとの関係 の中核たる産経新聞社が発行する媒体であるため、当紙所属のは同じフジサンケイグループ内の放送局である系列・・・・等のに出演する者が多く、逆にフジサンケイグループ以外のメディアの出演は1990年代以前には全くと言っていいほどなかった。 競馬新聞協会加盟の他紙に所属していた者でもフジサンケイグループ内放送局への起用をきっかけにエイトへ移籍する例すら見られたが、近年はフジサンケイグループとは無関係のにも所属トラックマンが出演するようになってきている。 カンテレ・競馬ブックとの関係の変化 ただしまではキー局フジテレビ以外の系列局は競馬エイトトラックマンの解説者起用には消極的であり、むしろ以西を中心に関西の最大手専門紙トラックマンの起用 が目立っていた。 これは、カンテレ制作の中継が現在の形に近くなった(昭和44年)当時、まだエイトが創刊しておらず、関西の競馬専門紙中最も積極的に解説者を派遣しようとした競馬ブックから起用するしかなかったという事情がある。 詳細は「」および「」を参照 以降徐々に各系列局が競馬ブック所属のトラックマンから、競馬エイトトラックマンに切り替えるようになった。 フジテレビが『スーパー競馬』を全面リニューアルした2008年からは、フジテレビ制作で東日本中心の放送となっている『』に解説者を派遣せず、1985年(昭和60年)以来確保していたキー局フジテレビでのレギュラー解説者枠が一旦消滅することとなった。 また制作で西日本のレースをメインに扱う『DREAM競馬』や夏の北海道開催時に制作でローカル放送される『』ではそれまで競馬ブックの影響が強かったが、全面リニューアルを機に競馬エイトのトラックマンを解説者として招いている。 エイトのレギュラー解説者が不在だった2008年、においてはフジテレビは競馬新聞社所属のトラックマンよりも社所属の競馬記者を重用していて、他に『DREAM競馬』でも制作の中京主場開催時にはエイトのトラックマンが出演しなかったが、2010年(平成22年)放送より再度リニューアルした『』にて松本がレギュラー解説者として加入することになり、フジテレビへの解説者派遣が再開された。 更に時を同じくして『DREAM競馬』も改題することになり、カンテレ制作版『』においては『』時代から40年以上出演したブックの重鎮が高齢もあってレギュラー解説を勇退し、解説者はエイトトラックマンのみとなった。 これにより2010年からは日曜東西主場開催において、全国放送を担当する実況席解説者はエイトのトラックマン(東主場:松本、西主場:高橋(小倉開催は喜多村))で統一されることとなった。 なお東海テレビ制作版は引き続きのトラックマンを中心に起用する方針で、エイトのトラックマンはフジテレビ系列の競馬中継番組中唯一不在となる。 詳細は「」および「」を参照 また、同年から北海道シリーズ開催中は津田が実況席解説者(隔週)になっており、この期間中は3場すべてが競馬エイトのトラックマンが担当することになる。 フジサンケイグループ外の競馬放送への出演 JRA外郭団体の一般財団法人が運営しているには、競馬新聞協会加盟の他紙やデイリー馬三郎などと共に解説者を派遣しており、『』『』などでエイトのトラックマンの姿を見ることができる。 『』では、第1放送・日曜日の『今日のコラム』にエイトのトラックマンが呼ばれることが稀にあるが、この場合エイトではなくサンスポ所属と紹介されており、また予想は披露しない。 『』には、『日曜競馬ニッポン』が現在の形となる前の1970年代前半に大橋巨泉がゲスト出演したとの記録がある が、巨泉はあくまでもゲスト予想者の位置付けであり正式所属ではなかった。 産経新聞社(1987年まではサンケイスポーツ新聞社)の正社員である競馬エイトスタッフは出演したことがない。 「」も参照 テレビコマーシャル には主に『スーパー競馬』にて、同誌のに所属トラックマンが紹介されたバージョンが毎週流れていた。 出演トラックマンは吉田(「攻めの吉田」)、藤牧(「ゴールまで一気藤牧」)、(「坂路の戸田」)、椋木(「椋木で勝負」)、松本(「ヒロシの冒券松本」)の5人が出演していた。 2000年代に入ってから関東版でのテレビCMは途絶えていたが(ラジオCMは現在も継続)、上述の通り、2012年4月6日にこれまでの紙面を一新する大リニューアルを行ったことにより、久々にテレビCMが復活した。 ただし、かつてのように所属トラックマンは出演しない。 グリーンチャンネルでの出演時はヒロシTMという名義で登場している。 ただし、『みんなのKEIBA』レギュラー解説者就任以降はグリーンチャンネルの出演頻度は格段に減っている。 更に『みんなのKEIBA』においても2014年以降は、同番組のアドバイザーとして出演の元騎手である、、を実況席解説者として併用することが多くなったことにより、レギュラー出演から月に1-2回程度に出演頻度が減った。 2016年からはサンスポ東京本社のもレース実況に参加するようになった。 のフジテレビ系列各局の競馬中継のメイン解説者の主な所属は次の通り。 フジテレビ:競馬エイト・(が1994年から契約。 それ以前は)・()、関西テレビ:競馬ブック、北海道文化放送:競馬ブック・ホースニュース馬、:、:競馬ブック、東海テレビ:中日スポーツ、テレビ西日本:競馬ブック。 以上のように競馬エイトトラックマンを起用していたのはフジテレビのみで、逆に競馬ブックトラックマンを起用していたのは4局と1990年代までは競馬ブックトラックマンを起用していた局が圧倒的であった。 ただし2010年のみで当時唯一だったGI中継の際、カンテレ側からパドック解説者として関西エイト所属の鈴木由希子が派遣されたが、この時も実況席解説には中スポのが起用された。 - ニッポン放送ホームページ。

次の

競馬エイト使って予想しよう!

競馬 新聞 エイト

発売日・値段 発売日:競馬前日の夕方から 夕方の中の時間帯は店によって異なる。 大体14:30~16:00にはおかれる 値段:500円 特徴 競馬エイトの特徴はなんといっても 穴馬のピックアップです。 また、 すべてがカラーになっており かなり見やすい作りになっています。 穴党の方や、見やすさを重視する方には おすすめです。 競馬ブック 出典: 競馬専門紙といえば 競馬ブック といわれるくらいの知名度。 1962年から発売しており、 地方競馬でもばんえい競馬や ホッカイドウ競馬を発売しています。 2-1競馬ブックの見方 競馬ブックはなんといっても 本命馬のピックアップに強いので、 かたい馬を見分けたい人には重宝されます。 また、 様々な情報が豊富で 分からないことを知ることができます。 あと、 横に並ぶ馬柱が見やすいですね 発売日、値段 発売日・値段 発売日:競馬前日の夕方 値段:450円 値段が前2つと違って安くなっています。 特徴 特徴としては値段が他と違って 50円安いところ。 そして 競馬ブック同様情報量が多い ところ。 また、予想家に幅があり、 様々な予想があるところ。 があげられます。 したがって いろいろな予想が見たい という方にはおすすめしますが、 少し見づらいというところがあります。 優馬 出典: 優馬は1966年から発行しています。 現在は 東京を中心に発売しており、 なかなか関西では見かけることはありません。 優馬の見方 優馬では 後半3ハロンだけではなく、 前半3ハロンも掲載されています。 また、セイコー馬券教室、 馬連ABC作戦というコーナーがあり、 人気があります。 発売日、値段 発売日・値段 発売日:競馬前日の夕方 値段:500円 特徴 優馬では 前半3ハロンがのっており、 時計で競馬を予想する人にとっては 欠かすことのできない競馬専門紙 となっています。 また、少し穴よりなので 穴狙いの方にもいいかもしれないです。 競馬ニホン 競馬ニホンは1932年から かなり長く発行し続けている 競馬専門紙です。 発売エリアは 関西エリア限定 となっております。 競馬ニホンの見方 競馬ニホンの見方はかなり難しく、 どこに何が書かれてあるか、 情報をかなり探しにくい状況 になっています。 したがって初心者の方は 少し苦労するとおもいます。 発売日、値段.

次の

イー新聞競馬 | 競馬専門紙・競馬予想紙・競馬新聞 電子出版のポータルサイト

競馬 新聞 エイト

概要 毎週開催日(原則として土・日曜日)の前日夕刻より全国主要駅売店・、・の新聞売店にて販売されている。 産経新聞社から発行されているため、からの宅配も行っている一方で、「サンスポ特別版」として発行されている関係で、日本競馬新聞協会、関西中央競馬専門紙協会などに加盟できないため、場立ちの競馬新聞売場では他の競馬新聞と一緒に売ることは出来ず、競馬エイト専用の競馬新聞売場で売らなければならない(日本競馬新聞協会に加盟している売場は、馬が描かれている黄色のがある)など、様々な制約がある。 かつては()発行の『』も同様だったが、(平成25年)にが休刊した際、競馬新聞協会加盟紙と同等の扱いを受けることになった。 トラックマン テレビ出演に関しては、かつてはで直に馬を見ている時計班所属者が主流であったが、現在は想定班所属者が主となってきている。 - 時計班所属。 『』に出演。 - 時計班チーフ。 日曜競馬ニッポン、『』に出演。 - 想定班所属。 フジテレビ『』に 「覆面トラックマン」の芸名で出演した後、『』スタートと同時にレギュラー解説者就任。 ・『』MC、パドック解説 も兼任。 - 関東主場キャプテントラックマン兼想定班チーフ。 - 椋木宏の息子。 『』に出演(翔太郎名義)。 - 時計班所属、元東日本主場本紙予想。 ただし現在はどちらも降板し、テレビ・ラジオのレギュラー出演はない。 - 関西主場本紙予想を担当。 - (平成20年)(関西版)より移籍。 かつての所属• (関東) - より移籍。 定年退職後も日曜競馬ニッポン返し馬解説を務めたが2018年12月23日放送限りで勇退。 (関西) - 創刊と同時に入社。 DREAM競馬、カンテレ『』などを歴任。 2011年12月限りで定年退職。 (関西) - DREAM競馬、ラジオ大阪『』を歴任。 2017年3月31日限りで退社しフリーの評論家となる。 (関東) - を経て、Gallopに異動。 (関西) - 元西日本主場本紙予想担当。 2004年に退職しフリーの評論家となる。 (関東) - 椋木の前のキャプテントラックマン。 『スーパー競馬』、『日曜競馬ニッポン』メイン解説を歴任。 2019年8月に定年退職したが引き続き日曜競馬ニッポンに出演。 ゲスト予想者• - 創刊と同時に「巨泉でバッチリ」を連載開始。 『日曜競馬ニッポン』スタート後は同番組とも連携した。 (昭和63年)、との論戦をきっかけに予想活動を引退。 () - 「木梨ノリゾーのわたしだけのヨソウですので」というタイトルで、GIシーズンを中心に期間限定で登場。 しかし全く根拠のない出鱈目も多く、笑いに向いていた予想だった。 放送系メディアとの関係 の中核たる産経新聞社が発行する媒体であるため、当紙所属のは同じフジサンケイグループ内の放送局である系列・・・・等のに出演する者が多く、逆にフジサンケイグループ以外のメディアの出演は1990年代以前には全くと言っていいほどなかった。 競馬新聞協会加盟の他紙に所属していた者でもフジサンケイグループ内放送局への起用をきっかけにエイトへ移籍する例すら見られたが、近年はフジサンケイグループとは無関係のにも所属トラックマンが出演するようになってきている。 カンテレ・競馬ブックとの関係の変化 ただしまではキー局フジテレビ以外の系列局は競馬エイトトラックマンの解説者起用には消極的であり、むしろ以西を中心に関西の最大手専門紙トラックマンの起用 が目立っていた。 これは、カンテレ制作の中継が現在の形に近くなった(昭和44年)当時、まだエイトが創刊しておらず、関西の競馬専門紙中最も積極的に解説者を派遣しようとした競馬ブックから起用するしかなかったという事情がある。 詳細は「」および「」を参照 以降徐々に各系列局が競馬ブック所属のトラックマンから、競馬エイトトラックマンに切り替えるようになった。 フジテレビが『スーパー競馬』を全面リニューアルした2008年からは、フジテレビ制作で東日本中心の放送となっている『』に解説者を派遣せず、1985年(昭和60年)以来確保していたキー局フジテレビでのレギュラー解説者枠が一旦消滅することとなった。 また制作で西日本のレースをメインに扱う『DREAM競馬』や夏の北海道開催時に制作でローカル放送される『』ではそれまで競馬ブックの影響が強かったが、全面リニューアルを機に競馬エイトのトラックマンを解説者として招いている。 エイトのレギュラー解説者が不在だった2008年、においてはフジテレビは競馬新聞社所属のトラックマンよりも社所属の競馬記者を重用していて、他に『DREAM競馬』でも制作の中京主場開催時にはエイトのトラックマンが出演しなかったが、2010年(平成22年)放送より再度リニューアルした『』にて松本がレギュラー解説者として加入することになり、フジテレビへの解説者派遣が再開された。 更に時を同じくして『DREAM競馬』も改題することになり、カンテレ制作版『』においては『』時代から40年以上出演したブックの重鎮が高齢もあってレギュラー解説を勇退し、解説者はエイトトラックマンのみとなった。 これにより2010年からは日曜東西主場開催において、全国放送を担当する実況席解説者はエイトのトラックマン(東主場:松本、西主場:高橋(小倉開催は喜多村))で統一されることとなった。 なお東海テレビ制作版は引き続きのトラックマンを中心に起用する方針で、エイトのトラックマンはフジテレビ系列の競馬中継番組中唯一不在となる。 詳細は「」および「」を参照 また、同年から北海道シリーズ開催中は津田が実況席解説者(隔週)になっており、この期間中は3場すべてが競馬エイトのトラックマンが担当することになる。 フジサンケイグループ外の競馬放送への出演 JRA外郭団体の一般財団法人が運営しているには、競馬新聞協会加盟の他紙やデイリー馬三郎などと共に解説者を派遣しており、『』『』などでエイトのトラックマンの姿を見ることができる。 『』では、第1放送・日曜日の『今日のコラム』にエイトのトラックマンが呼ばれることが稀にあるが、この場合エイトではなくサンスポ所属と紹介されており、また予想は披露しない。 『』には、『日曜競馬ニッポン』が現在の形となる前の1970年代前半に大橋巨泉がゲスト出演したとの記録がある が、巨泉はあくまでもゲスト予想者の位置付けであり正式所属ではなかった。 産経新聞社(1987年まではサンケイスポーツ新聞社)の正社員である競馬エイトスタッフは出演したことがない。 「」も参照 テレビコマーシャル には主に『スーパー競馬』にて、同誌のに所属トラックマンが紹介されたバージョンが毎週流れていた。 出演トラックマンは吉田(「攻めの吉田」)、藤牧(「ゴールまで一気藤牧」)、(「坂路の戸田」)、椋木(「椋木で勝負」)、松本(「ヒロシの冒券松本」)の5人が出演していた。 2000年代に入ってから関東版でのテレビCMは途絶えていたが(ラジオCMは現在も継続)、上述の通り、2012年4月6日にこれまでの紙面を一新する大リニューアルを行ったことにより、久々にテレビCMが復活した。 ただし、かつてのように所属トラックマンは出演しない。 グリーンチャンネルでの出演時はヒロシTMという名義で登場している。 ただし、『みんなのKEIBA』レギュラー解説者就任以降はグリーンチャンネルの出演頻度は格段に減っている。 更に『みんなのKEIBA』においても2014年以降は、同番組のアドバイザーとして出演の元騎手である、、を実況席解説者として併用することが多くなったことにより、レギュラー出演から月に1-2回程度に出演頻度が減った。 2016年からはサンスポ東京本社のもレース実況に参加するようになった。 のフジテレビ系列各局の競馬中継のメイン解説者の主な所属は次の通り。 フジテレビ:競馬エイト・(が1994年から契約。 それ以前は)・()、関西テレビ:競馬ブック、北海道文化放送:競馬ブック・ホースニュース馬、:、:競馬ブック、東海テレビ:中日スポーツ、テレビ西日本:競馬ブック。 以上のように競馬エイトトラックマンを起用していたのはフジテレビのみで、逆に競馬ブックトラックマンを起用していたのは4局と1990年代までは競馬ブックトラックマンを起用していた局が圧倒的であった。 ただし2010年のみで当時唯一だったGI中継の際、カンテレ側からパドック解説者として関西エイト所属の鈴木由希子が派遣されたが、この時も実況席解説には中スポのが起用された。 - ニッポン放送ホームページ。

次の